70-533日本語 問題サンプル、MB2-710日本語 認証試験

 

NO.1 あ なた はボ ック スが 構成さ れて いる の Azure Active Directory の (ゕ ズー ル AD ) テ ナン トを 管理 し ま
す :
従業員 がゕ クセ スパ ネル を介し てボ ック スに ゕク セスを 必要 とし ない 組織 単位に 移動 しま す 。
あなた だけ のこ のユ ーザ ーのゕ プリ ケー ショ ンの リスト から のみ ボッ クス を削除 する 必要 があ りま す 。
あなた は何 をす るべ きか ?
A. Azure の AD テナ ント か らのボ ック スゕ プリ ケー ション 定義 を削 除し ます 。
B. Azure の AD テ ナン トか らユー ザー を削 除し ます 。
C. 管理 ポー タル から は、 ゕプリ ケー ショ ンへ のユ ーザー の割 り当 てを 削除 します 。
D. Windows AD で のユ ーザ ーのゕ カウ ント を無 効に します 。
Answer: C

70-533日本語 独学   

NO.2 DRAG DROP
2 つ のソ リュ ーシ ョン は 別々 の Azure サブ スク リ プショ ンで 管理 しま す 。
2 つ のソ リュ ーシ ョン が プラ゗ ベー トネ ット ワー ク上で 通信 でき るよ うに する必 要が あり ます 。
どの 3 つ のゕ クシ ョン を 順番に 実行 しま すか ? 答 えには、 適切 なゕ クシ ョ ンをゕ クシ ョン リス トか らゕ
ンサー エリ ゕに 移動 し、 正しい 順序 で 配 置し ます 。
Answer:
Box 1:
Box 2:
Box 3:
Configure a VNet to VNet connection
There are 5 sections to plan and configure. Configure each section in the order listed below:
1. Plan your IP address ranges
2. Create your virtual networks
3. Add local networks
4. Create the dynamic routing gateways for each VNet.
5. Connect the VPN gateways

NO.3 BV1 と いう 名前 のバ ックゕ ップ 格納 域を 含 む Azure サブ スク リプ ショ ン があり ます 。 BV1 には 5 台
の 保護され たサー バーが含 まれてい ます。 バッ クゕ ップは 毎 日実行 されます 。 バ ックゕ ップのス トレ
ージ複 製設 定を 変更 する 必要が あり ます 。
あなた はま ず何 をす べき ですか ?
A. 新しい バッ クゕ ップ 格 納域を 作成 しま す 。
B. Remove-OBFileSpec コマ ンドレ ット を実 行し ます 。
C. 5 つの サー バー すべ て でバッ クゕ ップ エー ジェ ントの プロ パテ ゖを 構成 します 。
D. Remove-OBPolicy コ マン ドレッ トを 実行 しま す 。
Answer: C

70-533日本語 勉強法   
References:
https://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/backup-azure-backup-cloud-as-tape/

NO.4 同 社は 、新 しい オン プレミ スデ スク トッ プゕ プリケ ーシ ョン を開 発し ていま す 。
ゕプリ は、 社内 の Active Directory に加 えて 、Azure の Active Directory の (ゕ ズー ル AD )に ゕク セス で き
る必要 があ りま す。 あな たは、 ゕプ リケ ーシ ョン を構成 する 必要 があ りま す 。
あなた はどの 2 つ のゕ ク ション を実 行す る必 要が ありま すか ?そ れぞ れの 正しい 答え は、 ソリ ュー ショ
ンの一 部を 紹介 しま す 。
A. ゗ンス トー ルし 、Azure の AD 接 続を 実行 しま す
B. OAuth 2.0 の認 証を 使用 するよ うに ゕプ リケ ーシ ョンを 更新 しま す 。
C. マル チテ ナン トで ある ことが ゕプ リケ ーシ ョン を更新 しま す 。
D. ゕプ リ ケー ショ ンにゕ プリケ ーシ ョン マニ フェ スト JSON フ ゔ゗ ルを 追加 して OAuth2 権限 セク シ ョ ン
を設定 しま す 。
E. Azure の 管理 ポー タル で は、ゕ プリ ケー ショ ンを 登録し ます 。
Answer: A,E

70-533日本語 科目   

JPshikenのMicrosoftの70-533日本語 問題サンプルを購入したら、あなたは人生の最も重要な試験準備のことを実現できます。あなたは最高のトレーニング資料を手に入れました。JPshikenの製品を買ったら、あなた自身のために成功への扉を開きました。あなたは最も小さな努力で最大の成功を取ることができます。

試験番号:70-533日本語問題集
試験科目:Implementing Microsoft Azure Infrastructure Solutions (70-533日本語版)
最近更新時間:2017-01-15
問題と解答:全150問 70-533日本語 問題サンプル
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 70-533日本語 問題サンプル

 
試験番号:MB2-710日本語問題集
試験科目:Microsoft Dynamics CRM 2016 Online Deployment (MB2-710日本語版)
最近更新時間:2017-01-15
問題と解答:全50問 MB2-710日本語 認証試験
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> MB2-710日本語 認証試験

 

JPshikenのMB2-710日本語 認証試験の超低い価格に反して、 JPshikenに提供される問題集は最高の品質を持っています。そして、もっと重要なのは、JPshikenは質の高いサービスを提供します。望ましい問題集を支払うと、あなたはすぐにそれを得ることができます。JPshikenのサイトはあなたが最も必要なもの、しかもあなたに最適な試験参考書を持っています。MB2-710日本語 認証試験を購入してから、また一年間の無料更新サービスを得ることもできます。一年以内に、あなたが持っている資料を更新したい限り、JPshikenは最新バージョンのMB2-710日本語 認証試験を捧げます。JPshikenはあなたに最大の利便性を与えるために全力を尽くしています。

いまMB2-710日本語 認証試験の過去問問題集や参考書を必要とするでしょう。仕事に忙しいですから、試験の準備をする時間が足りないでしょう。ですから、効率が良い試験MB2-710日本語 認証試験が必要です。もちろん、よりよく試験の準備をするように、自分に相応しいツールを選択するのは一番大事なことです。これは試験に合格できるかどうかに関連する大切な問題です。ですから、JPshikenのMB2-710日本語 認証試験を選択してください。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.jpshiken.com/70-533J_shiken.html