読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

070-534日本語 参考書勉強、70-534日本語 日本語受験攻略

 

ショートカットを選択し、テクニックを使用するのはより良く成功できるからです。070-534日本語 参考書勉強に一発合格できる保障を得たいなら、JPshiken の070-534日本語 参考書勉強はあなたにとってユニークな、しかも最良の選択です。これは賞賛の声を禁じえない参考書です。この問題集より優秀な試験参考書を見つけることができません。この070-534日本語 参考書勉強では、あなたが試験の出題範囲をより正確に理解することができ、よりよく試験に関連する知識を習得することができます。そして、もし試験の準備をするが足りないとしたら、070-534日本語 参考書勉強に出る問題と回答を全部覚えたらいいです。この問題集には実際の070-534日本語 参考書勉強のすべてが含まれていますから、それだけでも試験に受かることができます。

試験番号:070-534日本語問題集
試験科目:Architecting Microsoft Azure Solutions (070-534日本語版)
最近更新時間:2017-02-03
問題と解答:全66問 070-534日本語 参考書勉強
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 070-534日本語 参考書勉強

 
試験番号:70-534日本語問題集
試験科目:Architecting Microsoft Azure Solutions (70-534日本語版)
最近更新時間:2017-02-03
問題と解答:全66問 70-534日本語 日本語受験攻略
100%の返金保証。1年間の無料アップデート。

>> 70-534日本語 日本語受験攻略

 

JPshikenのMicrosoftの70-534日本語 日本語受験攻略が受験生の皆様の評判を取ったのはもう最近のことではないです。これはJPshikenのMicrosoftの70-534日本語 日本語受験攻略は確かに信頼できて、受験生の皆様が首尾よく試験に合格することに助けを差し上げられることが証明されました。 JPshikenのMicrosoftの70-534日本語 日本語受験攻略がベストセラーになって、他のサイトをずっと先んじて皆様の認可を取りましたから、好評は言うまでもないです。 Microsoft70-534日本語 日本語受験攻略を受けたら、速くJPshikenというサイトをクリックしてください。あなたがずっとほしいものを手に入れることができますから。最もプロな人々が注目しているIT専門家になりたかったら、後悔しないように速くショッピングカートを入れましょう。

当代社会の競争が激しいとともに、自分の生きがいを探すために、できるだけ自分の能力を生かさなければならない。IT業界でのあなたは自分の能力を高めるために、70-534日本語 日本語受験攻略を準備しているのでしょう。我々は70-534日本語 日本語受験攻略に参加するつもりのあなたに最高のサービスを提供します。我々の提供する70-534日本語 日本語受験攻略を利用して、あなたは試験に合格することができると信じています。

70-534日本語 日本語受験攻略 - 多くの人々は高い難度のIT認証試験に合格するのは専門の知識が必要だと思います。それは確かにそうですが、その知識を身につけることは難しくないとといわれています。IT業界ではさらに強くなるために強い専門知識が必要です。

購入前にお試し,私たちの試験の質問と回答のいずれかの無料サンプルをダウンロード:http://www.jpshiken.com/070-534J_shiken.html

NO.1 あなたは、 プロジェクト? マネージャに契約者情報アプリのデータ変化に対して警戒さ
せるシステムを設計する必要があります。
あなたは、どのサービスを利用するべきですか?
A. Azure Service Bus Message Queueing
B. Azure Queue Messaging
C. Azure Notification Hub
D. Azure Mobile Service
Answer: B

070-534日本語 専門   
Explanation:
* Scenario:
/ Mobile Apps: Event-triggered alerts must be pushed to mobile apps by using a custom
Node.js script.
/ The service level agreement (SLA) for the solution requires an uptime of 99.9%
* If you are already using Azure Storage Blobs or Tables and you start using queues, you are
guaranteed 99.9% availability. If you use Blobs or Tables with Service Bus queues, you will have
lower availability.
Note: Microsoft Azure supports two types of queue mechanisms: Azure Queues and Service Bus
Queues. / Azure Queues, which are part of the Azure storage infrastructure, feature a simple
REST-based Get/Put/Peek interface, providing reliable, persistent messaging within and between
services. / Service Bus queues are part of a broader Azure messaging infrastructure that supports
queuing as well as publish/subscribe, Web service remoting, and integration patterns.
: Azure Queues and Service Bus Queues - Compared and Contrasted
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/azure/hh767287.aspx

NO.2 あなたは、契約 者情報アプリを設計する必要があります。
あなたは、 何を推薦するべきですか?答えるためには、 解答エリアに適切なオプションを選
んでください。
Answer:

NO.3 あなたは、 ユー ザーが、 彼ら がクラウド? アプリケーションに初めて認証していた後に
それらのパスワードを再入力する必要はないことを保証する必要があります。
あなたは、何をするべきですか?
A. VanArsdel 建物と Azure データセンターの仮 想個人的なネットワーク (VPN ) 関係を準備し
てください。 Azure の 仮想マシンWindowsActive Directory ドメインコントローラを設
定します。統合 Windows 認証を実装します 。
B. マイクロソフト Account 認証を可能にしま す。
C. 一つのログオン(SSO )を使うために、Azure のの Active Directory 同期を構成してくださ
い。
D. ExpressRoute を配備 しま す。
Answer: C

070-534日本語 参考   
Explanation:
Single sign-on (SSO) is a property of access control of multiple related, but independent software
systems. With this property a user logs in once and gains access to all systems without being
prompted to log in again at each of them.
Reference: http://en.wikipedia.org/wiki/Single_sign-on

NO.4 あなたは、Azure に移住する Virtual Machine 作業負担に許可 を指定する必要がありま
す。
解決策は、最少の特権の主体を利用しなければなりません。
あなたは、何をするべきですか?
A. Azure 入口では、個 々のバーチャル? マシンを選んで、所有者を加えてください。
B. Groupl と名付けられたクラウドサービスにおいてすべての VMs を作成し、 それから、 Azure
subscription と接続して ください。 以下の Windows PowerShell command を実行してくだ さ
い:
New-AzureRoleAssignment -Mail user1@vanarsdelltd.com -RoleDefinitionName
Contributor -ResourceGroupName group1
C. 別個のクラウドサ ービスにおいて個々の VM を作成し、 それから、 Azure の登録と 接続し
てください。
以下 の Windows PowerShell コマンドを実行し てください:
Get-AzureVM | New-AzureRoleAssignment -Mail userl@vanarsdelltd.com -
RoleDefinitionName Contributor
D. Azure のポータルで は、登録レベルで、読まれた許可をユーザーに割り当てください。
Answer: B

070-534日本語 更新   070-534日本語 割引   
Explanation:
* Scenario: Permissions must be assigned by using Role Based Access Control (RBAC).
* Role-Based access control (RBAC) in the Azure Portal and Azure Resource Management API allows
you to manage access to your subscription at a fine-grained level. With this feature, you can grant
access for Active Directory users, groups, or service principals by assigning some roles to them at a
particular scope.
Create a role assignment
Use New-AzureRoleAssignment to create a role assignment.
Example: This will create a role assignment for a group at a resource group level.
PS C:\> New-AzureRoleAssignment -ObjectID <group object ID> -RoleDefinitionName
Reader -ResourceGroupName group1
Reference: Managing Role-Based Access Control with Windows PowerShell
https://azure.microsoft.com/en-gb/documentation/articles/role-based-access-controlpowershell/